サイト名が「サステナブルライフ」から「ジゾカノ」に変わりました

サステナブルの意味・サステナブルとは

ライフ
この記事は約4分で読めます。

サステナブルの意味、サステナブルとは

サステナブル(Sustainable)はもともとは、sustain(持続する)とable(できる)で、直訳すると「持続可能な(続けていける)」という意味になります。そして日本語では「サスティナブル」「サスチナブル」「サステナブル」などと表記されますが、いずれも同じ意味で同じ使われ方をします。

昨今使われるサステナブルは、主に地球環境を保全または役立つ事業や活動などをいい「サステブルな社会」などと呼ばれ、地球環境を壊さず、石油資源を使いすぎず、未来永劫までも生活していける地球を維持し続ける社会や仕組みを目指しています。

ではなぜサステナブルという言葉が最近目にするようになったのでしょう?現在「地球温暖化」や「人口増加」から自然破壊や災害や資源の枯渇の恐怖が差し迫っており、地球環境を守ったまま発展していかなければならないという、とても難しい解決策を講じる必要が出てきています。

※サステナブルという用語の使い方として、「サステナブル経営」「サステナブルファッション」「サステナブルツーリズム」「サステナブルコーヒー」などと使われています。

サステナブルとサステナビリティ

サステナブル(sustainable )とサステナビリティ(Sustainability)はよく似た言葉ですが、品詞の違いだけです。サステナブルが形容詞で「持続可能な」に対し、サステナビリティは名詞で「持続可能性」という意味になります。

サステナブルとSDGs

サステナブルな社会を追求するため、国際的な動きとしてSDGs(エスディージーズ)[Sustainable Development Goals]という国連が2015年に採択した「持続可能な開発目標」があります。17の目標と169のターゲットがあり世界中が来る2030年まで目標達成のため取り組んでいます。

17のゴール(総務省)

サステナブルとSDGsの歴史

1987年国連が設立した「環境と開発に関する世界委員会(ブルントラント委員会)」が「地球の未来を守るために(Our Common Future)」という報告書を発表。この時から「サステナブル」という言葉が世界に広く認知された。この報告書では「持続可能な発展(Sustainable development)」が人類の課題とし経済成長と地球環境保護を両立する概念だった。

1992年「地球サミット」がブラジルで開かれ21世紀に向け「持続可能な開発」のための行動計画「アジェンダ21」が採択される。

2000年「国連ミレニアム・サミット」がニューヨークで開かれ、貧困や飢餓の撲滅に関する8つの目標を掲げた「MDGs (Millennium Development Goals)」が採択される。

2002年「地球サミット2002」が南アフリカで開かれ「アジェンダ21」に加え、持続可能な発展には地球環境保全だけでなく貧困の撲滅なども不可欠であると確認された。

2015年「国連持続可能な開発サミット」がニューヨークで開かれ「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択された。2000年に採択された「MDGs (Millennium Development Goals)」の「Millennium」を「Sustainable」に変え「SDGs」として17の目標、169のターゲットを掲げて2030年までの新しい行動目標としました。

SDGsターゲット別企業の取り組み具体例一覧

SDGsのターゲット別に各企業が取り組むサステナブルな事業を当てはめてみました。

身近なSDGs(日常できるSDGs)

サステナブルまとめ

元々は地球環境保護を中心にサステナブルという言葉が広まりましたが、今では貧困の解消などの格差問題や人権保護も含めた地球と社会と人間の全ての持続可能な発展という広い意味で理解されています。

国際連合広報センター公式サイト

タイトルとURLをコピーしました