サイト名が「サステナブルライフ」から「ジゾカノ」に変わりました

【SDGs】使う人が増えると海がどんどんキレイになっていくサステナブルバッグが「russet(ラシット)」から登場

トレンド
この記事は約3分で読めます。

【エシカルショップやサステナブルなグッズはどこ?】

どうしてバッグで海がキレイになっていくの?

海に漂う海洋ゴミのうち廃棄された漁網を回収しリサイクルしたナイロン素材でバッグを作っているから、バッグを使う人が増えれば増えるほど、海がキレイになっていくという仕組みです。

3COINSなどのブランドを手掛ける株式会社パルのレディースバッグブランドの「russet(ラシット)」が、田村駒株式会社のエコプロジェクト「ecoMA(イーコマ)」で展開する「ゴーストネットバスターズ(GNB)」の取り組みに賛同し、サスティナブルバッグを発売しました。

海のゴミが海の生き物を殺している

最近メディアでもウミガメが誤ってポリ袋をクラゲと間違えて食べてしまい死んでしまう記事を見た方も多いのではないでしょうか。海に行き着くゴミが海の生き物を殺してしまっている現実があります。

今回は漁網にフォーカスしたプロジェクトとのこと。なんと海洋ゴミのうち約46%が漁網なんだそう。

この漁網によって窒息死や傷を負う海洋哺乳類は約10万頭と推定され問題となっています。

海をキレイにする海の生き物を助けるバッグはオシャレ日常使いにピッタリ

回収した漁網を処分するのではなく、再生して利用しようという試みです。

今回のプロジェクトではトート・リュック・ショルダーバッグの3つのスタイルで発売。

ラシットオリジナルのナイロンジャカード生地の付属のポーチに収納できるのでショッピング用のエコバッグとしても使いまわしができるので便利。

トートバッグ

ショルダーバッグ

リュック

あえてSDGsに照らし合わせてみると

目標14の「海の豊かさを守ろう」 目標12「つくる責任つかう責任」 目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」が当てはまるのではないでしょうか。

ラシットのサステナブルコレクションの情報

今回のサステナブルバッグは以下のページからお求めになれます。またラシットではバッグを通じて「地球の未来を考えるきっかえを作りたい」思いからサステナブルなアクションを始めています。

購入することが海をキレイにし、海の生き物の命を救うっていい仕組みですよね。

 

参照:PR TIMES より

タイトルとURLをコピーしました