【SDGs】ローカルコミュニティを育む、野菜や果物を共同購入できる参画型サービス「LOCAL FOOD SHARING」が都内中心に誕生

トレンド
この記事は約3分で読めます。

ファーマーズマーケットなどのメリットは残しつつ、ゆるいコミュニティを作っていく

新型コロナ流行でファーマーズマーケットなどでの直接売買が失われたのをきっかけに、地域で暮らす個人と生産者とつなぐ共同購買ができないかと考えたのは「LOCAL FOOD SHARING」代表の横山太郎氏。

「LOCAL FOOD SHARING」は、現役の料理人である横山代表や運営メンバーが直接生産者のもとに足を運び、生産方法や味を確かめた「推し野菜」や「推しフルーツ」を手に入れることができるサービス。

「LOCAL FOOD SHARING」の仕組みはこんな感じ

オンラインで事前に購入しますが、野菜や果物は自宅には届きません。自宅に近くの「ピックアップスポット」という地域の店舗などに届きます。それを受け取りに行きます。

「ピックアップスポット」となるのは地域の服屋さんだったりカフェだったり、普段から地域の人が利用する店舗や施設なので、自然とコミュニティが醸成されるデザインが考えられています。利用者も馴染みのお店ができることによって地域への愛着が増すかもしれません。

その他、野菜や果物のファームツアーを開催し、利用者が生産者に感想を伝えたり、利用者やピックアップスポット担当者が生産者や生産過程を理解したり情報共有できたりする機会を提供することも考えているそう。

ポイントは関わる人々がそれぞれ何かをちょっと出し合い参画すること。そして関わる人が「自分たちの暮らしや自分たちが暮らす地域をより豊かに」するそして幸せになるサービスモデルを目指している。

アフターコロナ(ニューノーマル)に向けて、地域に根づくサービスモデルになるような期待が持てますね。

「LOCAL FOOD SHARING」はどうしたら利用できるの?

【購入方法】

1)毎週1回、受取希望日の前々日の夜23時までにWEBから事前購入
2)受取日の指定された時間の中でピックアップスポットへ行き、野菜・果物を受取り
※ピックアップスポットによって、受取り可能な曜日と時間帯が異なります(公式サイト参照)。

【価格】

1,200円(税込)/回

【内容】

季節の野菜5-6種
(目安量:1週間で使える程度)
※自然のもののため、季節によって種類や量は変動いたします。

あえてSDGsに照らし合わせると

あえてSDGsに照らし合わせると、目標11「住み続けられるまちづくりを」が当てはまりそうです。

「LOCAL FOOD SHARING」の情報や詳細

「LOCAL FOOD SHARING」についてのお問合せについては下記公式サイトで受け付けています。

一部メディアではリンクが表示されない場合があります。その際は「Sustainable Life(サステナブル ライフ)」サイトでご覧ください。

【LOCAL FOOD SHARING公式サイト】

LOCAL FOOD SHARING
LOCAL FOOD SHARING

 

 

参照:PR TIMES より

 

 

タイトルとURLをコピーしました