サイト名が「サステナブルライフ」から「ジゾカノ」に変わりました

RE100とは?国内外企業のRE100目標達成期限一覧

企業・経営
この記事は約5分で読めます。

RE100とは?

RE100とは、世界で影響力の強い企業が、事業で使用する電気を100%を再生可能エネルギーで発電された電力に切り替えることにコミットする協働イニシアチブです(RE100)。

再生可能エネルギーの活用は企業の排出削減目標の達成につながり、広範囲なエネルギーコスト管理を可能とするため、賢明なビジネス上の判断と言えます。RE100 には、情報技術から自動車製造までフォーチュン・グローバル500 企業を含む多様な分野から企業が参加し、その売上合計は4 兆5000 億米ドルを超えています。企業が結集することで、政策立案者および投資家に対してエネルギー移行を加速させるためのシグナルを送ることを意図しています。RE100 はThe Climate Group がCDP とのパートナーシップのもとで主催しています。また、We Mean Business 連合の一部としても運営されており、日本では2017 年4 月より日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)が地域パートナーとして、日本企業の参加を支援しています。

参照:日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)より抜粋

日本は2013年比で2030年までに46%二酸化炭素排出削減を行うとしていますが、国内企業で2030年までに100%再生可能エネルギーに切り替える企業は多くはないようです。

世界のRE100加盟企業

海外の有名企業でRE100加盟企業をピックアップしました。現在RE100加盟企業は300社以上にのぼります。

企業名目標達成年
CHANEL2025年
カールスバーグ2022年
Facebook2020年
ゼネラルモーターズ2040年
ゴールドマンサックスグループ2020年
Google2017年
H&M2030年
ジョンソンアンドジョンソン2025年
LGエネルギー2030年
マイクロソフト2014年
NIKE2025年
ペプシ2040年
チューリッヒ保険グループ2022年
アメリカンエキスプレス2018年

日本のRE100加盟企業一覧

2020年5月現在、日本国内企業でRE100加盟は54企業。うち2030年までに100%を目指す企業は7社のみ。青文字は2030年までに100%再生可能エネルギーへ切り替え目標を宣言している野心的企業。

加盟順企業名目標達成年
1リコー2050年
2積水ハウス2040年
3アスクル2030年
4大和ハウス2040年
5ワタミ2040年
6イオン2050年
7城南信用金庫2050年
8丸井グループ2030円
9富士通2050年
10エンビプロ・ホールディングス2050年
11ソニー2040年
12芙蓉総合リース2050年
13コープさっぽろ2040年
14戸田建設2050年
15コニカミノルタ2050年
16大東建託2040年
17野村総合研究所2050年
18東急不動産2050年
19富士フイルムホールディングス2050年
20アセットマネジメントOne2050年
21第一生命保険2050年
22パナソニック2050年
23旭化成ホームズ2038年
24高島屋2050年
25フジクラ2050年
26東急2050年
27ヒューリック2025年
28LIXIL2050年
29安藤ハザマ2050年
30楽天2025年
31三菱地所2050年
32三井不動産2050年
33住友林業2040年
34小野薬品工業2050年
35日本ユニシス2050年
36アドバンテスト2050年
37味の素2050年
38積水化学2030年
39アシックス2050年
40J.フロント リテイリング2050年
41アサヒグループホールディングス2050年
42キリンホールディングス2040年
43ダイヤモンドエレクトリックホールディングス2050年
44セブン&アイ・ホールディングス2050年
45ノーリツ2050年
46村田製作所2050年
47いちご2040年
48熊谷組2050年
49ニコン2050年
50日清食品ホールディングス2050年
51島津製作所2050年
52東急建設2030年
53セイコーエプソン2023年
54TOTO2040年

RE100に関連するリンク

【RE100公式ページ】

RE100 - We are accelerating progress towards 100% renewable power

【日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)】

JCLP | 日本気候リーダーズ・パートナーシップ
タイトルとURLをコピーしました