サイト名が「サステナブルライフ」から「ジゾカノ」に変わりました

【NPO法人の求人と就職】NPO法人とは NPO法人に就職するメリット・デメリット

ライフ
この記事は約4分で読めます。

NPO法人とは

NPO法人とは「Nonprofit Organization(非営利組織)」の略で非営利事業を行う団体です。

非営利だからといって営利事業を行ってはいけないわけではありません。では、営利事業を行う一般企業と何が異なるのでしょうか?

営利事業を行う一般企業は、利益の追求が事業を行う目的です。NPO法人は社会奉仕活動や慈善活動などの社会課題を解決することが目的です。一般企業は事業によって得た利益を株主に分配しますが、NPO法人は事業の拡大や次の事業へあてます。またNPO法人は特定非営利活動促進法という法律により特定非営利活動法人(NPO法人)として設立されます。

活動分野も特定非営利活動促進法によって決まっています。以下は内閣府による活動分野の種類と法人数集計です。法人数は複数の活動分野にまたがるNPO法人もあり、現在日本国内のNPO法人の数は5万団体。

号数活動の種類法人数
第1号
保健、医療又は福祉の増進を図る活動
29,759
第2号
社会教育の推進を図る活動
24,665
第3号
まちづくりの推進を図る活動
22,556
第4号
観光の振興を図る活動
3,738
第5号
農山漁村又は中山間地域の振興を図る活動
3,033
第6号
学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
17,924
第7号
環境の保全を図る活動
13,263
第8号
災害救援活動
4,474
第9号
地域安全活動
6,308
第10号
人権の擁護又は平和の活動の推進を図る活動
8,669
第11号
国際協力の活動
9,869
第12号
男女共同参画社会の形成の促進を図る活動
4,751
第13号
子どもの健全育成を図る活動
23,522
第14号
情報化社会の発展を図る活動
5,717
第15号
科学技術の振興を図る活動
3,109
第16号
経済活動の活性化を図る活動
8,936
第17号
職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
13,144
第18号
消費者の保護を図る活動
2,949
第19号
前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動
23,270
第20号
前各号で掲げる活動に準ずる活動として都道府県又は指定都市の条例で定める活動
292

参照:内閣府 より

5万団体あるうち多くのNPO法人は代表のみだったり、寄付などを主な収入源とする小規模のNPO法人が多く存在し、事業を行う事業型NPO法人や大手NPO法人の数は比較的少ない。

NPO法人の職員になるには

NPO法人の職員になるための学歴や資格などはありません。

またNPO法人は活動分野が広いため、必要とされる経験やスキルなどはNPO法人の活動分野によります。

NPO法人の職員になるためには、基本的には一般企業への就職と同じく、①ネットなどで求人を探す ②説明会などあれば参加する ③応募する ④面接を受ける などです。

検索は「NPO」に興味のある分野のキーワードを入力して探してみましょう。大手求人サイトでは掲載料がかかるため中小のNPO法人は無料で掲載できる求人サイトだけに掲載する場合もあるので、一般企業で求人を探すよりもマメにそして丹念に探す必要があります。

 

NPO法人に就職するメリット・デメリット

メリット

■「社会貢献したい」など強い思いを反映しやすかったり、自己肯定感を感じられる。

■大きな団体が少なく個人の裁量が多く、やりがいが感じやすい。

■同僚や先輩も同じ動機で職員になってる場合が多いので、共感を得やすい。

デメリット

■一般企業と比較し、給与が少ない。

■一般企業のように成果に対し役職がついたり給与が上がったりしない場合が多く、キャリアプランを描きにくい。

NPO法人の求人と就職についてのまとめ

気になるNPO法人を探してみて、活動報告書を閲覧してみたり問い合わせてみたり、インターンがあれば参加してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました