サイト名が「サステナブルライフ」から「ジゾカノ」に変わりました

これからはコワーキングスペースもサステナブルがあたりまえ!『GREEN COMMUNITY™️ 研修プログラム』はじまる!

スポンサーリンク
トレンド
この記事は約3分で読めます。

企業向けワークスペース改善プログラム『GREEN COMMUNITY™️ 研修プログラム』始動

「富士見 森のオフィス」は2020年からはじめた、働く場から自然環境に対して責任ある意識と行動を広めるプロジェクト「GREEN COMMUNITY™️」をよりサステナブルな環境を実現するため、企業向けワークスペース改善の一泊二日のプログラム『GREEN COMMUNITY™️ 研修プログラム』を提供する。

・コワーキングスペースの環境負荷を抑えた運用改善
・同オフィス会員・地域の事業者への啓蒙活動
・サステナビリティ推進企業との連携
・『GREEN COMMUNITY™️ 研修プログラム』の提供

「富士見 森のオフィス」は長野県・富士見町で2015年12月にオープンしたコワーキングスペース。オープン以来、「リモートワーク」「移住・二拠点居住」「プロジェクト型の働き方」など新しい働き方の実現に取り組む。会員は900名を越え、新しく生まれたプロジェクトは120件以上と実績があり、同町への転入者も増加しており、新しい働き方を牽引している。

なぜオフィス環境をサステナブルな環境へと改善する必要があるのか

環境負荷の削減に対する取り組みは、今後地球上でビジネスを継続していく上でも、避けては通れない“ビジネス環境条件”の一つであり、企業の従業員一人一人の意識が変化しなければ、企業の環境対策を促進していくことはできないと考え、次なる新しい働き方を「環境問題に対して責任ある働き方」と定めた。コワーキングスペースに集う様々な職種のビジネスマンやフリーランス、地域住民と共に、自分たちの生活やビジネスに“環境問題に対して責任ある働き方”の意識を広げていく活動が必要を感じ展開をはじめる。

『GREEN COMMUNITY™️ 研修プログラム』とは

『GREEN COMMUNITY™️ 研修プログラム』は、これまで森のオフィスが取り組んできたオフィス環境におけるサステナブル施策について体験を通して学ぶことができる、一泊二日の研修プログラム。

1.座学

森のオフィス設立時から現在のサステナブル運営に至るまでの過程を伝えながら、これからの時代に求められるコワーキングスペースのあり方、ワークスペース運営者がこれから目指すべきワークスタイルについて説明。

2.見学

森のオフィスのコミュニティマネージャーが森のオフィス館内を案内し、ワークスペースをサステナブル化するためのアイデアを実際に見学。サステナブル施策導入後の運営上の課題や、導入にあたり注意すべき点など、コワーキングスペース・シェアオフィスならでは解決方法を説明。

3.ワークショップ

ワークスペースをサステナブル運営に転換するためのアイディエーションの場を提供。森のオフィススタッフと一緒に、参加事業者のワークスペースで実際に取り組むサステナブル施策をブレスト。また施策を通してユーザーの意識・行動変容に繋げていくためのユーザーコミュニケーションについても考察する。

上記プログラム以外に「森のオフィスのGREEN COMMUNITY™️ 」ディレクターが参加企業を訪問し、施策の導入状況や運営上の課題を確認、施策のブラッシュアップを行うアフターフォローも要望に応じ行う予定。

「GREEN COMMUNITY™️研修プログラム」に関する情報

【富士見 森のオフィス】

所在地:長野県諏訪郡富士見町富士見3785-3

連絡先:0266−78−8009

公式サイト:https://www.morino-office.com/

【GREEN COMMUNITY】

GREEN COMMUNITY | fujimi-morino-office

【運営:Route Design合同会社】

代表:津田賀央

公式サイト:https://routedesign.net/

 

参照:PRTIMES  より

 

タイトルとURLをコピーしました