サイト名が「サステナブルライフ」から「ジゾカノ」に変わりました

【SDGs】紙でできてるのにタフなハンガーは北欧デザイン・アニマル柄・レトロ調など楽しいストローハンガー!

トレンド
この記事は約3分で読めます。

【エシカルショップやサステナブルなグッズはどこ?】

身の回りのプラスチックを紙にしてみたら

紙の特性を生かしたプリント柄がオシャレで服やインテリアにマッチするデザインがいいですね。デザインは「北欧」「ナチュラル」「メンズ」「アニマル」「エレガンス」レトロ」など。子供サイズのハンガーには「ボーイ」と「ガール」などがある。

こんな映えるハンガーだからクローゼットの中だけでなく、部屋で服をかけるのにも向いてる。軽いので持ち運びもできますね。プレゼントも喜ばれそう。

だけど紙でできてるハンガーって聞いただけで、「え?すぐに壊れるんじゃない?」って気になりますよね。でもメンズの重めのコート(1.3kg)でも全然平気だとか。さらには脱水後の濡れた服を50回干すという、ちょっといじわるな実験でも問題なかったとのこと。

素材は主に再生紙を使用しており、プラスチックのハンガーに比べ環境負荷がCO2で計算すると約3分の1になるんだそう(*2019年 ウェイストボックス調べ)。地球にもやさしいわけだ。しかもハンガー1本につき3円を海外をクリーンアップする団体(NPO法人JEAN)に寄付しているんだとか。

どうして紙にした?

今回この紙ハンガーを開発したのは三起印刷株式会社。印刷会社さんだったんですね。そしてこのプロジェクトの代表の横井さんは元アパレル出身なんだとか。横井プロジェクト代表は「アパレル業界は華やかに見えて大量廃棄や案外知られていない環境問題など多くの問題を抱えています。それらの問題意識からトレーサビリティーやエシカルな消費をテーマにしたお店や企画が多くなってきました。そういった問題意識を持ち解決の為に行動をしている人と接する機会も多くなり、自分も行動を起こしたいと思うようになりました。“アパレル業界に必ず必要なハンガーを紙で作ってみよう”と思った」とのこと。

実はクラウドファンディングやってる

既に企業向けには販売実績があり、今回はインテリア雑貨としての紙ハンガーの良さを多くの人に知ってもらい、購入いただくことにより社会貢献のサイクルを生み出したいと考えクラウドファンディングで支援のお願いを始めたとのこと。クラウドファンディングのページは記事下にあります。

あえてSDGsに照らし合わせると

あえてSDGsに照らし合わせてみると、目標12「つくる責任つかう責任」と目標13「気候変動に具体的な対策を」が当てはまりそうです。

ストローハンガーの情報や詳細

【クラウドファンディング】
プロジェクト名: エシカルな紙ハンガーを皆様の手に届けたい
期間     : 2021年1月12日~2021年3月14日
リターン   : 作成した紙ハンガー

エシカルな紙ハンガーを皆様の手に届けたい - クラウドファンディング READYFOR (レディーフォー)
印刷をしてみたら、プラでも木でもない新発想の紙ハンガーが誕生しました。エコもそうだけれど、オシャレなインテリア雑貨としてみんなに届けたい - クラウドファンディング READYFOR

【ストローハンガー公式サイト】

ストローハンガー|エコでエシカルな紙ハンガーです
100%紙でできたエコでエシカルな紙ハンガーのストローハンガーです

 

参照:@プレス より

 

タイトルとURLをコピーしました