サイト名が「サステナブルライフ」から「ジゾカノ」に変わりました

【SDGsプラットフォームを開発】老舗醤油製造会社がフードロス削減を目指し農家と食品メーカーを結ぶ

トレンド
この記事は約2分で読めます。

「やさしいくだものプロジェクト」はフードロスを削減し農家を救い、地球にやさしく人にもやさしい美味しいプロジェクト

日本丸天醤油株式会社はフードロスゼロを目指し、市場に卸すことができないくだものを対象とした農家と食品メーカーを結び、廃棄されるはずだった“不揃いのくだもの”を商品化することで、農家の収益にもつながる、フードロス削減を目指すプラットフォームです。

このプラットフォームは「YASASHIKU Gelato」を起点とすることで展開します。

「YASASHIKU Gelato」とは

創業200年以上の歴史を誇る日本丸天醤油の代表的な商品である淡口醤油を作る際に生まれる甘酒の自然の甘味を活かし、着色料や乳化剤を一切使用しないジェラートです。

素材の良さを最大限に伝える為、材料は必要最低限とし、着色料や乳化剤を一切使用しないことで、食べる人のカラダへの「やさしさ」を実現いたしました。生産者から生活者まで、「YASASHIKU」の名の通り、関わる人の全てが幸せになれる、これからの時代を見据えたサステナブルなスイーツです。

「YASASHIKU Gelato」の展開は?

農家が大切に育てている農作物から必ず出てきてしまう、いびつな形や規格外のサイズで市場に卸すことができない“不揃いのくだもの”のみを募集するものです。応募いただいた“不揃いのくだもの”は日本丸天醤油が派遣する目利きによって審査され、審査を通過したものは、商談後、必要数買い取りをし「YASASHIKU Gelato」の新フレーバーの開発が始まります。

市場に卸せない不揃いのくだものを使ったジェラートを開発し、農家の手助けをしています。フードロスのない世の中を目指し、本プロジェクトでは、そんなくだものをご提供いただけるパートナーを募集しています。

やさしいくだものプロジェクト - yasashiku
豊かな自然に育まれた、新鮮な食材をたっぷりと使用し、 長年、培われた職人の技を活かすことで、 自然にもカラダにもやさしいジェラートが誕生しました。

あえてSDGsに照らし合わせてみると

あえてSDGsに照らし合わせてみると、目標3「すべての人に健康と福祉を」目標8「働きがいも経済成長も」目標12「つくる責任つかう責任」目標13「気候変動に具体的対策を」目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」が当てはまりそうです。

日本丸天醤油株式会社とYASASHIKU Gelatoの情報

【日本丸天醤油株式会社公式サイト】

日本丸天醤油(マルテン)|うすくちしょうゆ、だし、つゆ、龍野発祥の伝統の味

【YASASHIKU Gelato】

yasashiku
豊かな自然に育まれた、新鮮な食材をたっぷりと使用し、 長年、培われた職人の技を活かすことで、 自然にもカラダにもやさしいジェラートが誕生しました。

 

参照:PRTIMES より

タイトルとURLをコピーしました